成功するアーティストやアイドルと空中分解したり失敗するグループの違い

高次存在に聞いてみた!

こちらは2021年9月5日第2回アシュタールのフルトランスチャネリングセッションより。

BTS(防弾少年団)が世界的に有名になったのはなぜ?」と言うお話しの続きになります。


「成功したいとおもっているひとはいっぱいいるけど。
その中で、実際に成功した人と、成功していない人ってなにがちがうのか?」

上の存在と意図がぶつかってダメになっている人もいる。

未来をおしえると、高次元からしたら「ある」だけなのだが。
人間からしたら、感情や思考がのるから、その未来が墜落する=実現しない。

人間が成功させたいことがある場合「意図をなげたら、その意図を忘れて目の前のことをやる」とよい。
ずっとあるがままの気持ちで置いておく。

例えば「10/2にコンサートあるから、そのために頑張る」という感覚。
期限をきるのは、すごくいい。

コロコロ気持ちがかわる人間は、失敗しやすい。”

* * * * * *

補足・考察

AZUSAは昔、ジャニーズのKAT-TUNを追いかけていたからわかるんですけど。

”全員が違う方向を向いているグループって、それ自体が危うくて、でも魅力”だったりするんですね。

CDデビュー前から、ものすごい勢いで爆進し続けた結果、伝説は残した。
だけれど、グループとしてはメンバーが半分になる。
典型的な、グループメンバーの意図が違った結果、空中分解して今に至るグループ。

一発どころか、当時のジャニーズグループの中ではいろんな記録を打ち立てた伝説のグループですが。
果たしてそれが、”本人たちがグループとして思い描いた成功の形か?”は別問題ですよね。

この世界はいろんな人間の意図がぶつかったり、交錯してるわけで。

どれだけうまくいっていたとしても、突然空中分解してしまう場合は、グループだけでなく、周りの関係者の意図も関わってくる。
SMAPとか。

意図は強い方が、勝つ。”

その点すでに活動を休止している嵐や、解散したV6は、グループという形を20年以上保ってきている。
それは、グループとしてメンバーそれぞれが、

”同じ意図を、長年軽いテンションで保てていたから”

これがスピリチュアルな視点からしても、本当に大事なのよね!
V6はその点について、トークがしっかりとある音楽番組で明言していましたが。

やっぱり人間って気持ちや目標がコロコロ変わりやすい。
移ろいやすいから叶わないことが多い。

よくバンドで、音楽性の違いでメンバーが脱退したりするじゃないですか。
急に人気が出て、打ち上げ花火のように解散するグループとか。
グループとしての意図という土台がちゃんとできてないんですよね。

意図がブレると、活動自体もブレてしまって安定感がなくなってしまう。

エネルギーというのはグルーヴで、同じ波動と共鳴すればするほど大きな力を生む。
そして、それは重くきつくない方がいい。

だから、グループの中での意図だけでなく、応援してくれるファンとも同じ気持ちであると一番いい!

とはいえ、人間としては意図を設定しているつもりでも、高次元の視点で意図設定ができているかっていうのも別だったり。

「世界で1位になりたい」という意図と、「世界にでたい」という意図では、ニュアンスが違う。

高次元は、ニュアンスが重要。

あとは、高次元と意図がぶつかった場合、
これはもう悲劇だわ。

上(高次)って人間より意図が純粋で強い場合がほとんどだから。

何か成功したい、夢を叶えたいと思った時。
高次元とも意図が噛み合っていることが望ましい。

その辺りについても聞けるのが、高次存在を自動口述チャネリングするセッションの強みですかねw

AZUSAも、自分のことを聞いて、
「いや、だってそこは意図されてないから。」とか、「〇〇って願ったからその通りにしたけど」って、言われたり。

現状フルトランスチャネラーなのに、謎の知名度の低さですしねAZUSAはw
世間から隠されてる?

どうしてここに辿り着いたの?みたいな縁が繋がった人しか来ないしw

そんなわけで、興味がある人はセッション案内へどうぞ⏬

アシュタールによる成功と幸福のプライベートセッション
アシュタールをフルトランス(自動口述)して行う、zoomを使ったオンラインチャネリングセッション。 願望実現や成功のお手伝い、お悩み解消。個人の悩みや要望に合わせた内容を、チャネリングセッションで聞くことができます。

「面白い!」「役に立った!」と思ったら、ポチッと応援お願いします❣️

にほんブログ村 哲学・思想ブログ チャネリングへ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました