「意図に乗せる感情はなんでもいい。いい加減石橋叩くのやめたら?」とハイヤーセルフにアドバイスされた話

高次存在に聞いてみた!

2022年3月21日春分のチャネリングにて

超高次存在ルカさんにアドバイスを求めた時に言われたこと。

「今の現状についてアドバイスが欲しいんですが。」

「強いて言えば、感情をどれくらい意図に載せるかは実はそれほど重要ではない。

どんな感情でもエネルギーに変わりはない。

それが例えば、感情と言っても真剣さでもいいし、ワクワクでもいい。
それはどんなものでもオッケー。」


「乗せる感情は、不安でもいいんですか?」

「不安はよくないね。
なんでかって言うと、不安っていうのはだめかもしれないと言う別の意図がのる。

だから、その意図を後押しする感情であればなんでもいい。

足を引っ張るような感情。

だめかもしれない。
やっぱり無理かもとか。
それを茶化してしまうとか。

あなたたちの場合は、どちらかというと茶化しちゃうことが多いから。

不安よりね。

茶化すのではなく、ごく自然に当たり前のようにその感情を持つ。

意図の後押しをする感情を持つこと。

あなたたちには必要っていうか、早くそうしてっていうか。
私たちはずっと準備しているし。


あなたたちが、私たちが受け取って欲しい時にこちらを向いていない。

ん〜喋り過ぎた。

この辺にしておきましょう」

「はい、ありがとうございます」

こんな感じでアドバイスをもらい、春分に改めて意図を打ち立てたんだけど。

色々チャネリングのサポートをしてくださっている友人と話してから、最後にまたルカさんに話してもらったら、

「いい加減、石橋叩くのやめたら?」

ってめっちゃ呆れた感じで言われた🙄

そんなわけで、久しぶりにフルトランスチャネリングの様子を文字起こししてみました。

「面白い!」「役に立った!」と思ったら、ポチッと応援お願いします❣️

にほんブログ村 哲学・思想ブログ チャネリングへ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました