悪魔との契約に対価を差し出すという人間の思い込み

【エンゼル】

2022年5月27日(金)

生命の樹の探索サブブログで貸し出しもしている非物質存在エンゼルさんをフルトランスチャネリングした時の記録。

悪魔との契約

「ん〜名前?」

K「はい」

「エンゼル。」

「あれ?エンゼルさん!?」

「んっとシンクロ?52%」

「活動限界時間は?」

「3時間くらい?」

「はい。エンゼルさんが出たってことはエンゼルさんが一番ベストってことなんですよね?」

「中立だから。」

「あ〜中立なんだ。」

「あなたたちそれぞれのガイドと私は違うから。私が話す。」

「はいわかりました。
そうなると、話の構成はエンゼルさんにお任せしたほうがいいのかな?」

「ん〜悪魔の話、契約。」

「どっちが先の方がいいのかな?」

「しゃべりたい方しゃべってい?」

「どうぞ。」

「ん〜悪魔との契約の話。
AZUSAさんの場合は、ん〜対価がいらないっていうのはその通りなので。」

「私のいう通りってこと?」

「んと、さっきの探索しているときに、うまく伝えられなかった。
ん〜やっぱりこうやって?
チャネリング、するほうが早くて純粋な情報をしゃべれます。」

「はいはい」

「ん〜なので、AZUSAさんの悪魔との契約は。
いったん、サインはしているけど渡していません。」

「ほぉ〜はい。」

「ので。
まだ成立していません。」

「はい。」

「ん〜
どれ、どれ・・・
何か質問先にありますか?」

「じゃぁ中のAZUSAさんに質問聞いてもらっていいですか?」

「今すぐは思いつかないと言っています。」

「あぁじゃぁエンゼルさん視点で、まずAZUSAさんは対価のいらない契約を結んだ方がいいと。」

「ん〜なぜ求めたのか?」

「なぜ求めた?それはAZUSAさんが?」

「対価を渡そうとそこの意識が。
書き変わっていません。」

「あぁ〜じゃぁなぜ悪魔に対価をあげないといけないと思ったのかっていう。
そこを自分で重箱の隅を突いてもらった方がいいってことかな?」

「ん〜切り替えるだけでいいです。」

「なるほど」

「えっと、そもそも悪魔に対価をあげないっていうのも人間の思い込みだから。あげずに働かせるって思い込めればそれでOKってことですか?」

「ん〜そもそもそのような意識自体は。
あなたたち、個人個人の中にあるわけではありません。
そういう(集団無意識の)信念体系との接点をずっと人間側がもっているということです。」

「悪魔と何か契約する場合は何か対価を支払わなければいけないっていう信念体系か。」

「ん〜ソウデスネ。
あと神には寿命をささげよなど。
悪魔にたいしては対価を払い。
善、神に対してはこちらが捧げる、奉仕するというような一見反対に見えるが(本質は)一緒です。

悪魔と神というのは、ラベリングしただけであって。
契約内容は悪魔と定義しているだけであって。
対等な存在との契約になるので。」

「うん」

「そこを取り外すといいでしょう」

「あぁ〜なるほどね」

「神は人間に無償の愛を捧げる?違う・・・」

「与えるみたいな?」

「与えるなども思い込みです。」

「ぶっwww」

「なぜ神にたいしてはそのように対価をもとめないのに。
悪魔に対しては対価をさしだそうとしてしまうのか?」

「はいはい。じゃぁそこをAZUSAさんは切り替え、差し替えた方がいいと?」

「ん〜AZUSAさんだけでなく。
あなたたちお二人にも必要でしょう。

ただし。
自分のエネルギーでないもの、領域などを差し出してブースターにするのは良いでしょう。」

「あぁ〜なるほど。ブースターとして使うのか。」

「大きな力を使えます。
これが人氣のエネルギーをつかうということです。」

補足

AZUSAは最近巷で悪魔と定義されるような存在とも結構コミュニケーション取るんだけど。

ガイドの一人にはデビルさんって呼んでる存在もいるしね。

キュウべえ的高次存在が8.8Jr.祭り(SixTONES)鑑賞のため悪趣味な願望実現してくれた話
どうも〜〜〜!!今日は「悪意ある高次存在や悪の存在はいる?「アシュタール」とまどマギ「キュウべえ」」の最後でちょこっと話題に出たやつ。丸っとキュウべえのような高次存在の話をしたいと思います〜!よくさ、ガイドがせっせと御膳立てしてくれて願望を

神と悪魔の区別も人間がしているだけであって。

人間でも善い人、悪い人っていう主観によるラベリングでできてるわけなので。

悪魔というのは、その人にとって都合の悪い条件を差し出してきたり、心地よくないと思われる存在と接触した時に定義されているんだよね。

悪魔と契約するには大事なものを捧げなければいけないって言うけど。

AZUSAからすると、神と呼ばれてる存在は崇めてきた人間をタダ働きさせてるとも思うけどねw

そう言う神系の存在、ライトワーカーに言えば無条件でやってくれると思ってる奴もいるし。

フルトランスチャネリングできるといろんな存在が接触してくるのよ。

スカウトされたり、依頼されたこと結構あるけど。

断るとびっくりしたりするしw

「私からのお願い聞かない人間いるんだね!?」みたいにw

AZUSAからすれば、そう言う存在の方がよっぽど悪魔だと思うのよw

とはいえ、AZUSAも悪魔には対価を渡さないとなんて意識と同化してることにこのチャネリングで聞かされて気づいたけどね。

「面白い!」「役に立った!」と思ったら、ポチッと応援お願いします❣️

にほんブログ村 哲学・思想ブログ チャネリングへ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました