「穏やかで集中した状態」ヘミシンクオープニング・ザ・ハート トラック1体験記録

オープニングザハート

2019年1月22日

AZUSAがヘミシンクをやっていて思うことは、“食事とか生活などコンディションに結構左右される”

最近は、沖縄のリッツカールトンを目指して身体を整え中なので、なるべく動物性を抜いています。

なので、マクロビオティックランチ。

人によって、どういう食生活が調子いいかってある。
AZUSAはマクロビオティックや精進料理系、仙人みたいな生活が本来は合っています。

ヘミシンクをやる際も、マクロビオティックや野菜中心の食生活のほうがぐっと変性意識に入りやすいです。

最近の生活

・動物性の食事を控えた生活が20日目ぐらい(全く食べないわけではない)
・ヨガやら体幹トレーニングは毎日平均1時間
・5日ほど前から、お風呂や湯上がりのマッサージ平均30分
・水分摂取は基本白湯。それ以外に紅茶や週1のコーヒー
・ビタミン・ミネラル・植物性たんぱく質のサプリメントを常用
・寝落ちヘミシンクを週6日
・ブログを書くときは基本バイノーラルビート

今日のコンディション


・朝はサプリメントと甘酒
・エクササイズとしてのヘミシンクは約2週間ぶり
・ランチは完全にマクロビオティック
・3時のおやつにエスプレッソとマクロビのキャロットケーキ
・ヘミシンクをするときはベッドに仰向け+イヤホン+アイピロー

体験メモ


ガイダンス「浜辺でリラックスしている…」のあたり

高い絶壁があり、浜辺の部分は少ない。
明るい浜辺だが、温度を感じない。
暑くも寒くもない
海の方を見ると穴の空いた岩が見える。

絶壁の高さ(10mぐらい?)と同じぐらい大きなドーベルマンがいる。

・箱にしまうもの
ゼルダの伝説に出てくるような宝箱。

中には宝石のようにキラキラ光った石が沢山入っている。
全身の骨格、骸骨を箱に入れる。

キツネが見える。
その後にウサギが見える。

・ガイダンスに沿ってリラックスさせていく。
途中で単語が浮かぶが、単語は忘れる

身体に意識を向けると両手の平でぐるぐるとエネルギーのようなものが回るイメージ

ガイダンスに添いながら胸の辺りをリラックスさせていると、そのあと少しクリックアウトしていたことに気づく。
戻ってくるときに少し寒気がする。

深くなると、
身体の薄皮1枚を残して、中身がゼリーや水ようかんよりもっと柔らかいものになった感覚。

器に沿って入っている感じ。
意識を向けてみると、身体からつるりと抜けそう。
むにゅーっと器(身体)から剥がせそう。

ゆらゆらスライムのように形が定まり切らないが、プラスの感情もマイナスの感情もない。
ただそこに何か柔らかいものがあるだけ。

ガイダンス「完全な状態の目印やシンボル…」

赤い旗に白いポールのフラッグが見える。

深いところに入ると、呼吸がとても浅い。
まるでしていないかと思うほど。

ガイダンスが帰還のカウントをする。

通常の意識に戻ってくると、ピタッと肉体と中身がくっついて境目のようなものがなくなる。

追記

今日のオープニング・ザ・ハートはざっとこんな感じ。
ヘミシンクのゲートウェイシリーズより、イメージ的なものを今のところ見ないですね。

何より、エクササイズとしてクリックアウトしながらも、最後までまともに聴けたのこれが2回目ですしw
これをやったあとは、思考がクリアになり波打つ感情や思考がまゆらぎのない水面みたいな感じ。

ただ、AZUSAはヘミシンクをやると、よく動物が出てきます。
一時期はサルとかゴリラとかばっかり(笑

なんてけものフレンズw
キツネとウサギも結構出てきますw
どう言う意味かはまだまだやってみないとですけど。

「面白い!」「役に立った!」と思ったら、ポチッと応援お願いします❣️

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ヘミシンクへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました