「全員同じ行動でなければいけない」という常識的同調圧力について

ガイドに聞いてみた

2021年9月21日

本日は、”みんな同じでなければいけない”なんていう、集団意識についてスピリチュアルな視点、高次存在に聞いてみたよ!

* * * * * *

「アシュたんに答えてもらおうと思います。この点について、高次の視点から見るとどうですか?」

「大きなエネルギーを生むから、作戦としてはいいよね。
小さな個人、蟻が一匹では何もできないのと同じ。
大きな集合体になるから、エネルギーを大きく使える」

「ほぉ〜じゃぁアシュたんは、同調圧力というものには肯定的だったりするのかな?
もちろんだよ。
多くの人間を動かすなら、大きな波に巻き込んで仕舞えばいい。
その中で、ごく稀にその波には乗らない、避ける人がいたとしても。
8割9割の人間が巻き込まれてくれていればいいわけだから。」

「おっと、それはなんか悪魔的思考になりかねないと思うんだけど。」

人間の方がよっぽど悪魔じゃない?
この世界を構成、今のこの状況を作り出しているのは我々でなく人間だよ

「なるほど。
では、同調圧力嫌だと思って、そこから抜けたり、元々参加しない人がその大きな意図に勝つ?
自分たちの思い通りにするにはどうしたらいい?」

「仲間を増やすことだね。
ただし、仲間を増やして大きな波を攻撃しても意味がない。
再び飲み込まれるだけだからね。
それなら、自分たちがそこで波を起こして楽しんでいればいい。
こっちの波は楽しいよってね。」

「なるほど。ありがとう。」

* * * * * *

半年以上寝かしておいたネタを今アップw

スピリチュアルの視点からすると、今の地球の状態って大きな集合意識の思っていることが反映されてる世界ということだね!

AZUSAは現在の世界情勢については傍観者なんですけども。
流石にそれを見てるのもそろそろ飽きたから、もっと楽しく幸せに生きようよ〜!って感じ!!
だからね、今の世界に声をあげている人は勿体ないと思うんだ〜😗

わざわざ大きな波に攻撃しても、その波がなくなるわけじゃない。
人数増やして攻撃したところで無意味。
ただただ、エネルギーを差し出して。

せっせと事態を大きくしているかもしれない。

だったら大きな波の影響がないところで、新しい大きな波を作ればいいじゃない!
波に巻き込まれて溺れてる人を助けていたら、自分も溺れちゃうことあるしねww

こんな感じで、他のサブブログも新しい記事出していく予定だよ🤗

「面白い!」「役に立った!」と思ったら、ポチッと応援お願いします❣️

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ヘミシンクへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました