馬鹿と集団無意識タロット15番「悪魔」のパスワーク

タロットカード

2022年4月15日

今自分の中で、メインテーマになっている「悪魔」のカードへパスワークしてみた。

15番「悪魔」

右か左かお前はどちらを選ぶ?
全ては自由だ。

鹿と馬のように、世の中は慌てふためくだろう。

赤と白
強いのはどっちだ?

本当はどちらでもない。

その上にいる存在の言う通りになるだけなのだ。

戦いとは無意味だ。
なぜなら、この生命の樹の中は宇宙と一緒だからだ。

戦っていると思うのなら、それはお前の視点の問題だ。

馬鹿という漢字。
なぜ日本では当てはめられている?

そこにこの世界のヒントがあるのだ。

補足と考察

馬鹿って言葉、サンスクリット語からきてるよね。

「無知」や「迷妄」を意味する「baka」「moha」から。

それとか、


馬鹿の語源には、『史記(秦始皇本紀)』の故事「鹿をさして馬となす」からというものがある。 これは、秦の趙高が二世皇帝に、鹿を「馬である」と言って献じた。
群臣は趙高の権勢を恐れて「馬です」と答えたが、「鹿」と答えた者は暗殺された。
このことより、自分の権勢をよいことに矛盾したことを押し通す意味として「馬鹿」と言うようになったというものである

語源由来辞典より

戦争していると、なおさら普通の人でも実感できると思うのね。
この「馬鹿」という語源の話が。

集団無意識って、政府とか、影響力のある人が下々(庶民とか民衆)に押し付けている意識とも言えるわけだけど。

それって割と目に見えるじゃない。
同じ人間が発しているものだし。

人間って肉体に入っているのに意識の境目はないから。

そこをどれだけ自覚しているか?

成功する、引き寄せ力とか願望実現力が高い人っていうのは、総じてみんなタロットカードの悪魔になれた人なんだよね。

だって、大多数の人間が無理だ!とか無謀だ!ということをやってのけて、成功させてしまうわけだから。

なぜそれができるかって、成功する人は集団無意識に飲まれていない。

悪魔って聞こえが悪いけれど。

単純に、集団無意識と自分を切り離して、人間の自由意志を最大限発揮しているだけなんだよね。

実際成功する人って言うのは、「馬」だと言われて見た鹿をこれはなんだ?と答える時に「馬です」と答える人間じゃない。

「馬だ」と言って「鹿」を差し出す側の人間になれる人。

これは誰かを騙したり、貶めたりすることじゃない。

自分にとって都合のいい現実を創る、引き寄せの法則のヒントみたいなもの。

逆に言えば、ポジティブに自分に対して「馬だ」と言って「鹿」を差し出す行為として、言葉や言霊をうまく活用すればいいだけの話。

この話のさらに補足になる話⏬

人間の自由意志とは、悪魔になって集団無意識に意図を反映させること
2022年4月10日アシュタールをフルトランスチャネリングした時の記録④「頑張る、苦手などネガティブな印象の言葉の意味や定義を自分で変更するといい」の続き。ア「占いの結果はね、まぁ私たち(高次元存在)のメッセージといっても過言ではないわけだ

「面白い!」「役に立った!」と思ったら、ポチッと応援お願いします❣️

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました