ヨーガ・スートラ

宇宙一わかりやすいスートラ解説

ヤマ(禁戒)

「苦痛を引き起こす嫌なことリストを作る」ヤマ(禁戒)のアヒンサー(非暴力)実践

今回はヨガの実践の1つ目であるヤマ(禁戒)の中から、アヒンサー(非暴力)について。現代の人間が生きていく上で、役立つようにヨガの実践をしていきます!
ヨーガ・スートラ

「やめたほうがいいこと5つ」八支則第一段階ヤマ(禁戒)ヨーガ・スートラより

ヨーガ・スートラから、まず最初の段階である「ヤマ(禁戒)」について解説するよ!ヤマとは、サンスクリット語で「制戒、禁戒」と呼ばれるもの。
ヨーガ・スートラ

ヨガ哲学:アシュタンガ「わかりやすいヨガの八支則(8つのステップ)」

ヨガをやったことがある人なら、聞いたことがあったり、すでに知っている人も多い「アシュタンガ」と言う言葉。 ヨーガ・スートラの中で使われている解釈としては”ヨガを構成する要素が、8つありますよ”ってこと!
ヨーガ・スートラ

経典「ヨーガ・スートラ」何?→解脱するためのハウツー本。

ヨーガ・スートラは、ヨガを実践する上でのマニュアル。 「心の作用を死滅することが、ヨーガである。」から始まる、解脱するためのハウツー本。
ヨーガ・スートラ

ヨーガの本当の目的や意味、メリット(効果)は何か?

サンスクリット語で簡単に言えば、「つながり」を意味するもの。心と身体を鍛錬によって制御し、魂とつなげて自分自身の調和を図る。古代インドの人たちはヨガの実践によって、人生で至高の目標としていた、悟りを開いて輪廻転生からの「解脱(げだつ)」したかったのです。
タイトルとURLをコピーしました