経典「ヨーガ・スートラ」何?→解脱するためのハウツー本。

ヨーガ・スートラ

どうも☆“幸せで宇宙征服♡夢を叶えるヨガナビゲーター”のAZUSAです🥳

このブログは、ヨガの知識を宇宙一わかりやすく解説するよ☆


こんな人のために、書きました!

・ヨガをもっと深く知りたい人
・ヨーガ・スートラって何?と思った人
・ヨーガ・スートラが難しくて、わからなかった人


そもそもヨガって、

  • ストレスを感じることが減る
  • 痩せる
  • 精神が安定する
  • 身体が柔らかくなる
  • 綺麗になる

こんな感じで、健康や美容的なメリットがいっぱいあって、それを実感した人も多いと思う。
それで、もっと深く知ってみようと思ったら、出てくる単語が「ヨーガ・スートラ」

ただ、ヨガのポーズをするレッスンでは、ほぼ聞かない単語!

しかし、「ヨーガ・スートラ」と言う単語にたどり着くには、

  • ヨガインストラクターになるための勉強をする。
  • ガチでヨガを実践している変わり者ヨギーやヨギーニに、指導してもらっている。
  • 哲学を幅広く勉強している

この3つぐらいじゃないだろうか。
ヨガレッスンを受けていても、よほど深く学ぼうと思わないと、たどり着く人が少ない!

あずうさ
あずうさ

AZUSAも、最初はちんぷんかんぷんでした!


この記事を読めば、ヨーガをもっと深く理解できます!
ヨーガの世界へレッツゴー٩( ‘ω’ )و

ヨーガ・スートラの意味

スートラとはサンスクリット語で、「糸」と言う意味。
ヨーガの「つながり」と言う意味と合わせると、糸のように連なった言葉の集まりをまとめたものということになります。

ヨガって、身体を動かして、気持ちよくなることじゃないの?
座禅を組んで瞑想することでしょ?
エクササイズの一つとしてやってる!

などなど。

今、世間でイメージされる数々のヨガの印象は、それぞれが”ヨガの1つの側面に過ぎないんだけど。
どこを切り取って実践しても、とても有意義だし、実益もばっちり!

そんなヨガの様々な要素を全部ひっくるめて、総括的に書かれたものが「ヨーガ・スートラ」だよ!

ヨガを実践する上でのマニュアルなの。

経典(教典)とも言えるんだけど。
一般的には、6世紀前後までのヨーガについてのアレコレを、パタンジャリって人のお弟子さん達がまとめたものです。
「心の作用を死滅することが、ヨーガである。」から始まる、解脱するためのハウツー本

それが、こちらの本⏬

ヨガインストラクターになる人は、大抵こちらを参考書籍として持っているはず。
AZUSAは、旧版のものを持ってる。
もしこの本を一般人が持っているなら、きっと哲学オタクじゃないですかねw

ちなみに。

解脱とは…輪廻転生の輪から抜けて、次は人間をやらないこと。

ヨガのマニュアル「ヨーガ・スートラ」

ヨーガ・スートラはヨガのマニュアルだよ!とは言ったものの、その中身は箇条書きで順序立てて書かれているわけではなかったりする。
文章的には読みにくかったり、マニュアルというには些か難解。
途中で話が飛んだりするし(笑

サンスクリット語が多用され、日本語訳も言い回しが難しい。
独自の定義と世界観で広がる哲学の世界は、一読しただけでは何を言っているか、本当に意味がわからないw
未知との遭遇!

初見では、キリストの「聖典」レベルで、寝る前にぴったりの催眠導入的わかりにくさ。
これを読んだところで、どんなメリットがあるんだよ…とすぐ挫折したくなってしまいます。

あずうさ
あずうさ

特に、哲学についての知識がないと、全く理解できません。

現代のヨガについては書かれていない!?

ここまでくると、

「解脱のハウツー本と言ったって、別にこの人生で解脱しようなんて思ってないし。自分には必要ないじゃん」と、思うかもしれない。

身体を動かすヨガをしている人からすると、自分がやっていたヨガはどこに出てくるんだ?と言う気持ちになるしw
ヨガのポーズなんて、どこにも出てこない。

そもそもヨガのポーズを行う、現代でヨガと認識されているのは、ハタ・ヨガと言う一様式の流派のこと。近代になって登場した「新しいヨーガ」で、最も世界で認知されているヨガのこと!
これについては、今回は割愛します。

人間の存在は“苦”であると言う前提

このヨーガ・スートラを実践してた人たちの多くは、人間の存在は“苦”だと定義していました。
世俗と離れてマニュアルの「ヨーガ・スートラ」に沿って鍛錬、修行して。

次は「人間やらねぇぞ!」と真剣に、真面目に頑張ったようです。
あれね。
地球に人間として生まれても、人間をやるのが嫌だったんですね。(テキトー

でも、“人間として生きるのは苦”と言うのは、何千年も経った現代でも主たるテーマ。

と言うことは!!!

解脱ハウツー本である「ヨーガ・スートラ」を読めば、解決の糸口が見つかると言うことです!

元々ヨガは、インドの特権階級しか触れられなかった“極上の哲学”
ほんの一部のエッセンスを実践するだけで、実益や効果を生むのです!

現代風に「ヨーガ・スートラ」を解釈するとこうなる

インテグラル・ヨーガの著者、スワミ・サッチダーナンダは「ヨーガ・スートラ」解説のまえがきでこう言っています。

ヨーガの本当の意味は、心の科学・・・・である。

-「インテグラル・ヨーガ パタンジャリのヨーガ・スートラ」より

ヨガの教えを実践して、自分を解き明かして行けば、人生を生きるのが楽になるの!
自分を知ることで、感情や思考はもちろん、人生をコントロールすることができる。

そして、自分の力で思い通りの人生が送れるようになります!

ただ、そのまま言葉通りに受け取って実践しても、自分に合っているかはわからない。
その人に合わせて、アレンジが必要だったりするし、解釈も様々。

だから、AZUSAはヨーガ・スートラをこう定義してる。

”人間ひとりひとりが、自分の人生を創り、コントロールするためのHow to(ハウツー)マニュアル”

自分の人生って考えると、つい重くなりがちだけど。
これを重く受け止めたり、難しく捉える必要は、全くない!

気持ち的には、「レッツゴー解脱!٩( ‘ω’ )و←する気あんのか?w」ぐらいでオッケー!

それがいいの!

同じ属性、同じ品質の人間を創ることが、この宇宙の本意ではない。
そうだとしたら、大量生産の家畜や、農作物と変わらない。

淡々と、でも軽やかに。

どんなことをしたら、
どんな考え方なら、
自分が楽に人生を生きられるのか?

この人生で満足したら、カルマも生まない。

自分を満足させるには何が必要だろうか?
あなただけの人生マニュアル(ヨーガ・スートラ)ってなぁに?

それにはまず、ヨガの8ステップについてもう少し知ってみよう!
誰でも実践したくなる、ヨーガの世界へようこそ☆

ヨガ哲学:アシュタンガ「わかりやすいヨガの八支則(8つのステップ)」
ヨガをやったことがある人なら、聞いたことがあったり、すでに知っている人も多い「アシュタンガ」と言う言葉。 ヨーガ・スートラの中で使われている解釈としては”ヨガを構成する要素が、8つありますよ”ってこと!

「面白い!」「役に立った!」と思ったら、ポチッと応援お願いします❣️

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

コメント

  1. […] 経典「ヨーガ・スートラ」は、解脱するためのハウツー本。ヨーガ・スートラとは、何か?ただ、ヨガのポーズをするレッスンでは、ほぼ聞かない単語である。ヨガって、身体を動かし […]

タイトルとURLをコピーしました